後輩の指導時間が1/4に!

ブログにご訪問ありがとうございます♪
今日は トレーナー仲間の職場の事例です。
 
簡単に言うと リハビリの仕事。
新人後輩の指導で
方眼ノート大活躍。
新人さんは
指示された事を素直にやる。
まずは コレですよね。
で 指示されたことが出来るようになったからといって
きちんと理解した。
にはならない訳で。
だって 指示されたことをやっただけだから。
いつもまで指示待ち人間のスタッフだと
先輩は 後輩が増える度に
自分の仕事は後回しにして
後輩への支持に時間を割くことに。
特に 対 人間相手の仕事の場合
マニュアルがあっても
現場が全てが応用編。
 
先輩は 自分でやった方が早いし正確。
でも 後輩を育てるのも仕事。
方眼ノートで思考整理して指導すると
方眼ノートを導入してから
後輩指導の時間が20分→5分に!
fb_img_1473551286822
 
やりとりは こんな感じ↓
先輩 「この事例 考えておけよ」って言う。
後輩 ノートのフレームを埋める。
先輩 「考えたか???」
後輩「はい。考えました」とノートを提出。
あとは
先輩がノートを見て 改善点 疑問点を見つけて
質問。解釈のすり合わせ。
で 次からの行動が決まる
以上。おしまい。
 
いかがですか???
次からの行動が自ら決められれば
指示を待たなくても動けます。
これが[仕事を理解した]
という証拠です。
 
後輩指導でジレンマを抱えている方
ぜひ ご参加ください♪
12/7(水)年内最後の開催は
残 1名です!!!お急ぎください!!!
moushikomi
 
 

インスタライブも配信中♪


@unjourr

関連記事

  1. どんな人に喜んでもらえる講座なの?

  2. プレミアム体験会後の大きな変化(^^♪

  3. 本の読み方って教わったことありますか?

  4. 片付けた場所が2週間キープ出来てる!!!

  5. 接続詞のすごさを改めて知りました!

  6. 分かっているけど 行動できないのは何故???